読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1minuteブログ

~1分以内で読めるブログ~

創業者に適した年齢は by Y Combinator

f:id:horikosu:20160626025033p:plain

起業は早ければ早い方が良いという意見に賛成だが、

年齢によってバックグラウンドが違うため、

年齢の影響は少なからずあるはずだ。

 

 

( 以下、Y Combinatorから抜粋 )

 

30歳はハンディーキャップだ

30代になれば子供もいるだろうし、家のローンも払わねばならない。生活コストの重荷がはるかにハンディーキャップだ

 

25歳が最適

創業者が学生だと、起業して失敗しても学生に戻ればいいのだけなので真剣味が足りないと感じていた。

25歳だと学校に戻る安全な道はすでに閉ざされていて、かつ、スタミナ・貧乏・根無し草性・同僚・無知といった起業に必要なあらゆる利点を備えている。

 

貧乏

グレアムはスタートアップ創業者の生活がどんなものであるか知っている。「ラーメンが食える程度の収益性」というのはグレアムが有名にした表現だ。

 

根無し草性

根無し草性とは、移動を厭わない性格のことで創業者は気軽にシリコンバレーに引っ越してくることができなければならない。

 

同僚

同僚とは、大学で親しくなった同級生を意味している。

 

無知

スタートアップにまつわる苦難を深く認識していないことを指す。どんな苦難が待ち構えているか知っていたら誰も創業者にはなるまい。

 

 
最後に

逃げ道を作らず、

事業に障害なものは一切排除した環境が

好ましいのである。

 

 

 

Twitterやってます

twitter.com